ペット知識

 

    *犬、猫の食事*

◇人間の食べ物には犬や猫にとって害のあるものも多いので基本的には、ドッグフードやキャットフード
を与えて上げてください。

  ○ドックフードは大きく分けると3つのタイプがあります

 缶詰    開封後は細菌が入り易いので、冷蔵庫に保管し2日以内に食べきります。
セミモイスト     水分が30%前後含まれているので、幼犬、老犬にも食べ易い。高カロリーなので食べすぎには注意しましょう。
ドライ     水分が含まれていない為、開封後1ヶ月保存がききます。水分が含まれていない分、食べにくい傾向があります。現在は、沢山の種類もあり、健康重視の無添加ドッグフードや国産の野菜を使用したフードもあります。健康状態に合わせてフードを選びましょう。

 ○キャットフードは大きく分けると3つのタイプがあります 

 缶詰    水分が75%あるので、消化吸収が抜群。開封後は犬と同様に2日以内に食べきります。
セミモイスト   水分が35%前後含まれているので、食べやすく老猫や離乳食に最適です。
 ドライ    消化吸収が良いので、歯石の予防になります。分があまり含まれていないので新鮮なお水をたくさん用意してあげましょう。

 

            ○犬の食事の回数と量
 

生後2〜4ヶ月 生後5〜10ヶ月 生後1年以上
1日4回  1日2回〜3回(様子を見て)  1日2回

                                              

             ○猫の食事の回数と量

離乳期〜3ヶ月 3ヶ月〜6ヶ月 6ヶ月以降
1日4から6回  1日4回  1日2回

 

 ○犬に食べさせてはいけないもの 

ネギ類     犬の赤血球を破壊する成分が含まれているので、貧血や嘔吐、下痢を引き起こす。
チョコレートやカフェインを含むもの
   中毒を起こし、発熱、下痢嘔吐、けいれん、不整脈を起こす。
香辛料    からし、生姜、唐辛子こしょうなど。胃腸を荒らし肝臓にも負担を与えます。
生卵    消化出来ず下痢の原因になりますので、加熱して与えましょう。

 

○猫に食べさせてはいけないもの 

チョコレートや甘いもの    甘いものを食べると心臓に負担がかかると言われています。
醤油、塩    強い塩味などを付けると吐き気を起こしたりし健康によくありません。
唐揚げや油の濃いもの    油の濃い食べ物も吐き気、下痢の原因になります。

注目サイト

「テーブルクロス・ワールド」、業務用・家庭用のフッ素加工やさまざまな柄のテーブルクロスをオーダーメイドでご用意します。

テーブルクロス専門店「テーブルクロス・ワールド」撥水加工・フッ素加工

千葉県船橋市宮本のくわじま動物病院です。犬、猫、フェレット、ハムスターを専門で診察しており ます。

千葉県船橋市宮本のくわじま動物病院

頑丈・軽量・使いやすい!携帯ウォシュレット・携帯おしり洗浄器・シュピューラー 信頼と安心の日本製!

携帯ウォシュレット|シュピューラー

ブランド子供服の買取・リサイクル、レディースファッション通販なら【HIDAMARI】

子供服の買取なら|HIDAMARI

Copyright (C) 2008 ペット知識. All Rights Reserved.